【毛穴ケア・美肌・再生】フェイシャル

ミールームの毛穴フェイシャルとは‥

このような方におすすめです

「鼻の黒ずみが気になる」「毛穴の汚れが気になる」「顔の毛をなくしたい」
「お化粧のりがよくない」「以前よりも肌がゴワゴワざらざらする」
「肌の色むら、くすみが気になる」「お肌をリフトアップしたい」

そのような方にぜひお試しいただきたいメニューです。

どんなことをするの?

①毛穴の汚れを落としやすく整える【角質パック】
②肌・毛穴の優しく洗浄をする【ハイドロマシン】

この2つをベースに、脱毛効果の期待できる【スキンケアワックス】栄養導入の【ポレーション】リフトアップの【EMSラジオ波LED】などをプラスして、お肌の再生力を高めていく美肌メニューになります。

今話題のハイドロジェリーマスクも仲間入り(^^♪ 詳しくは予約フォームからお選びください。

メニューが選びきれない場合にはクイックメニューをお選びいただき、当日サロンにてお肌に合う内容を一緒に決めてまいりましょう(^^

担当 町田
担当 町田

毛穴汚れは、回を重ねるごとにとれやすくなっていきますので、肌のざらつき・ゴワゴワもなめらかツルツル肌にどんどん近づいていきます。ミールームで1番人気のメニューです。

ご予約はこちらから↓

【毛穴リセットフェイシャル】の施術工程

①クレンジング(顔全体・首)
②AHA&BHA角質パック(鼻・眉間・アゴ)
→古い角質(ゴワゴワ、ざらざら感)と黒い毛穴をきれいに整える角質パック。
普段の洗顔では落ちきらない不要な部分をとりさり、新しいお肌の生まれ変わりを助け肌を清潔に、皮脂量もコントロール。

アクネ菌にも働きかけるのでニキビや脂性肌、混合肌にもおすすめのケア

③ハイドロスプラッシュ(お顔全体)
→高濃度の水素水で洗浄&毛穴の汚れを吸引

黒い角栓、毛穴汚れ、老廃物排出し、肌を清潔にリセット!毛穴の汚れ・ひらき、ブラックヘッド(毛穴の黒ずみ)、くすみ、ざらつきに。

白い皮脂、毛穴汚れがニュルーンと出てきます!

④スキンケアワックス(鼻・眉間・額など)※ここから先はメニューにより内容が異なります
→ライコンワックス 詳細はこちらから

ザラザラ、角栓、脱毛機ではケアしきれないうぶ毛もオフ!

⑤オールハンドマッサージorフォトフェイシャル

→独自の整顔技術で、気になる部分を整えます

⑥持続性ビタミンCパック(誘導体APPS配合)※メニューによりマスクは異なります
→肌の沈静、毛穴の引き締め作用が期待でき、水分をたっぷり補給します

紫外線によるコラーゲンのダメージをブロックする働きがあり、同時にコラーゲン生成のサポートも行うため、肌のハリ感を高める効果が期待できます

ハイドロジェリーマスクも◎

⑦ハイドロスプラッシュ(ヘッド)
→頭皮の毛穴洗浄、血行促進、頭皮のニオイ、かゆみ、乾燥のお悩みに

頭皮の皮脂がたっぷりとれます!

⑧お仕上げ

→保湿しお肌を整えます

仕上がりはツヤツヤ、つるつるに(*^^*)

結果!目に見える皮脂汚れ、毛穴よごれ

新鮮な水素水で洗浄することで余分な皮脂や毛穴汚れが容器にでてきます。

白くにごるのは皮脂の色です。朝起きて顔がベタベタするというお悩みにも◎
【左】頭皮ケア【中央】お顔の皮脂汚れ【右】水道水

ついついさわりたくなるツルツル肌に(^^♪
ついついジーっとのぞきこんでしまいます…

(左)施術前 (右)施術後。小鼻からにゅるんと出てきた皮脂のかたまりが浮いています
「ヤダ!汚い~!!」と言いながら皆さんしっかりみてから帰られます(^^♪

嬉しいお声がぞくぞく届いています(^^♪

_______________

いかがでしょうか?このようにたっぷりお肌に働きかけていきます(^^♪ 

月に一度サロンでお肌をリセットすると、毎日の化粧品の吸い込みかたや肌の触り心地が変わってきます。かたく、ゴワゴワしたお肌には、どんなにいいものをぬっても残念ながらなかなか浸透されていきません。

お客様の肌質変化(衝撃before after)はこちらから!

担当 町田
担当 町田

肌を柔らかく保つことは、美肌への第一歩です!スキンケアの土台となる【毛穴メニュー】。私は一度体験してからこのメニューのトリコになりました^^
特に鼻周りのザラザラと小鼻の黒さが気になっていたので、ツルツルになってすごく嬉しいです。化粧のりもよく、1回で肌色がパッと明るくなります。ご興味のある方はぜひご体験くださいませ。

ご予約はこちらからどうぞ

担当 町田
担当 町田

毛穴リセットのメニューは4つございます、お好きなメニューをお選びください。
メニューが選びきれない場合にはスタンダードメニューをお選びいただき、当日サロンにてお肌に合う内容を私と決めてまいりましょう(^^

関連記事

PAGE TOP