休む技術でパフォーマンスUP

こんにちは!葛西エステサロンミールームの町田です。

最近忙しく働きすぎたりしていませんか?忙しくなったらその分、しっかり休みましょうというのが今日のお話です。

情報過多で疲れやすい今の時代、休むことは働くことと同じくらい大切。私は昔からこの「休む」が苦手で、働きすぎて体調を崩してしまうタイプです。

でも、それではお客様に癒しを提供するエステティシャンとしてお恥ずかしい….というわけで「休む技術」には自然と関心を持つようになりました。

もちろん技術といっても実践が難しいノウハウは本末転倒ですので今回は、仕事の効率アップに欠かせない「休むコツ」を2つご紹介します♪

それは本当にシンプルなことですが

  1. 疲れる前に休む
  2. 休憩を予定に入れる

たとえば、何か作業をするときは休憩までを1セットで考える。1週間の予定は休日(または半日休み)を最初からスケジュールに入れておくなど。

そして休む予定をきっちり守ります【←ここが大切】どんなに忙しくても、です!(むしろ忙しいときほど!)

なぜなら「疲れてから休憩」というのはちょっと遅いと言われています。水を飲むことも同様に、「ノドが渇いた」と感じたときには軽い脱水状態なのです。

人によっては疲れに気づきにくいタイプの方もいましてそのような方が「疲れたな…」と気づいたときはすでに大きな異常が起きていることも….

「続けたくても続けられなくなる」そんな状態は一番悲しいです。。。

だから、仕事の予定と同じように「休むこと」も予定として扱うだけでも日常のパフォーマンスは上げることができます!

休むことが苦手な方や休みすぎると罪悪感を感じる方ほどいつも健康でハイパフォーマンスな自分でいるために疲れすぎる前にお休みしましょう(^^♪

「無理は禁物」といっても日本人は無理しやすいそうなので、、、

休まずに働くのはがんばっているとは言わない

この空気がもっと広まりますように。

P.S.
これは余談ですけど、私の密かな趣味はマンガを読むこと。

最近読んだあるマンガのセリフに「休憩は暇なときにするものではありません」とあり(ギクッ)としたのはここだけの話です。

関連記事

新型コロナ予防対策を徹底

PAGE TOP